今日も親族から家財が到来〜昨今多いけどひどく使える!

小包送ったよ〜と呼び出しがきました。
おばぁちゃんの野菜はうまいからお宝。
野菜だけじゃない、梅干や味噌も手作り♪
なんて強いんだ、おばぁちゃん!
すでに他のは食べられない。
あんな素敵なフレーバーだ。

そしてさり気なく入ってるおお金も、愛されてる物証だと勝手に理解しています。
ですがしかし、絶えず普通の宅急便で送ってくるから、意味合いが傷んでいたことも…
何でいなせ便を利用してくれないのか設問だったので、
今度は暑くなりそうだからいなせ便で提言!
と、言ったことがあります。
するとあっという間に了解してくれました。
物わかりが良いおばぁちゃんで頑張るー!
と、思っていたのに、
集荷を頼んだら、会社に拒否されたとかで、
とってもふつうの宅急便で着。

なんとか意味合いは安心でしたが、
箱菓子の箱が潰れまくってました。
これは宅急便の他人が乱暴に扱ったわけではなく、
色んなものを埋め込みたい一心でギューギュー押した情愛のシンボルだそうです(笑)
有り難い逸話だ。http://www.unicompinc.co/

降雨の書屋、ステキなおやじに出くわしました

6月額は梅雨だとわかっていても毎日曇天だと内面がちょい滅入ってしまう。
大雨の太陽の過ごし方としてライブラリーに行くのもおすすめです。
家で好きな楽曲を聴いて日帰り過ごすのもいいのですが。

まだまだ頑張って長靴履いて。歩いて5分け前ほどのライブラリーをめぐってきました。
とっても大きなライブラリーで書籍がいーっぱいあります。
椅子も年中置いてあって、お昼寝やるごお爺さんの方々がいつも年中いらっしゃいます。
ま、気持ちいいし静かだし眠るにはちょうどいいんですけどね。
そのライブラリーは更に文句達するわけでも無く何時間でも居られるみたいです。

自身がライブラリーに入る年月、そんな感じでお昼寝してそうな親仁がきちんと出てきました。
外側はまだまだ大雨がしとしと降っていて。
その人のTシャツが膨らんでいたので「まさかまずい品物とか持ってたりして・・。」って短時間ヒヤッってしました。
けれども直ちにわかりました。
その人は大雨に濡れないように借りた書籍を自分のシャツの中に入れて持って帰ったのです。
傘を持っていなかったんですね。
どうしてもあったかい意欲になり、疑った自分が恥ずかしくなりました。
大事にして受け取れる書籍も、こんなステキな人物に来て頂けるライブラリーも幸せですね。背中脱毛