同期のカタチ、自分も頑張ろうという気持ちになれる

久しぶりに法人の同期の人たちに会いました。
導入当初は定期的に会っていましたが、2時期瞳に入ってからは両方忙しくなりかなり会えない現状でした。
人によっては勤め中にメイルでの話し合いの居残る人もいましたが、
とても縁のない部署の人に関してはいやに久しぶりで、会った場合「この人誰ですっけ?」となっていました。

同期だからか、久しぶりに会ってもアッという間に打ち解けることができました。
「近年何してるの?」とか、「今必須いかなる趣向?」と自分たちの必須の問題で盛り上がります。
毎日勤めだけの交信だとそんな問題は控えるので、客がいかなる心持ちで仕事をしているのかとかを知れるすばらしいイベントで、
同期の話を聞いていると「自分も頑張ろう!」という気持ちになることが出来ます。

私の仕事場には同期がいないので、同期に巡り会えるイベントは大切だ。
同期がいないと落ち込んだ時やしんどい場合「辞めたいなー」と思ってしまいますが、
飲みの場合出会うと「しばし頑張ってみよう」という意気込みになれます。http://www.maritimeemployment.co/