ELEAGUE GroupB Final G2 vs NiP (cache) 印象

GroupBの決勝1MAP目線、cacheは流れを手にしたほうが同時にたたみかける好ゲームとなった。
RpKの健闘でピストルラウンドを制したG2は以後一気に5ラウンドを連取。
ScreaMの2キルも飛びだしその強さを捉えさせたが、6ラウンド目線で流れは一変。
friberg、pythのファインプレイで6ラウンドを取るとf0rest、pythがパワーを切らさずに健闘、5ラウンドを連取し並ぶと、専らG2をシャットアウト。
1ラウンドも許すことなく5-10で当初を折り返す。
下はG2が反撃のキーポイントを掴もうと始めるが、NiP位置づけもそれほどはさせまいとラウンドを取り合う伸展。
G2もよろしいキーポイントを掴むが、shox、RpKが重要なショットを決めきれない不ツキもあり、ずるずると結び付く。
9-15でのマッチ数字、最後にとどめを刺したのはGeT_RiGhT。
G2のラッシュを単独でストップし娯楽を決め、9-16でNiPが1絵図目線を勝ち。
ここまで無敗で勝ち進んできたG2に逆王手をかけるモデルになった。脱毛ラボ 箇所